心理的に成長した人は、社会に適応しながらも、満足しています。
しかし、
五歳児の大人(心の成長がある段階で止まったままで、社会的に過剰(かじょう)に適応している人)は、社会に適応していますが、毎日が不満です。
テーブルをふきたくないのに、強引にふかされた子供の、イライラした心理と同じです。社会的に望ましいことをイヤイヤした時、心のやさしさは消えます。

五歳児の大人の性格的特徴
第一は、まじめで憎しみを持っています。自然な人間性を小さい頃から否定され、したくないことを強制的にさせられたことで憎しみを持っています。それだけに、嫌なことをしない人を許(ゆる)しません。たとえば、鉛筆をイヤイヤ削(けず)らされた子は、鉛筆を削るのを忘れた子供に鉛筆を貸しません。
第二は、他人の弱点を許せないで、協調性がないということです。たとえば、毎朝、早く会社に来て、イヤイヤそうじをしているサラリーマンは、会社に遅れてくる新入社員を許しません。もし、そうじが好きで早く来ているのなら、遅れてくる新入社員を許すでしょう。

日常生活で「がまんしなさい」と親から教育されている子供は、他の人ががまんしない時、それが許せません。「なんで自分だけががまんしなければならないんだ!」と許せないのです。
礼儀正しくしたくないのに、礼儀正しくした人は、礼儀正しくしない人を許しません。家の手伝いをしたくないのに、心理的に力ずくで、「それをしないと見捨てるぞ」と脅(おど)され、手伝いをさせられた子供は、自分が親になった時、家の手伝いをしない子供を許しません。多くの親は、がまんばかりしている人が多い。だからわがままな子供を許しません。子供にやさしくなれません。

わがままな人に対して、「どのくらい、激しい敵意を抱くか」ということは、その人が小さい頃、どのくらい、大人の言うとおりに嫌なことを従順にしながら生きてきたか、ということによります。つらい思いに耐えて従順に生きてくるほど、嫌なことをせずに安易に流される人間を認められなくなります。他人に厳しいのと同時に、生きるのがつらい。がまんさせられてきて、「人が何と言っても、もう自分が絶対にやりたいこと」をやったという体験がありません。

心理的に健康な大人は、何事も興味から入って、満足して、それらを卒業してきた人々です。人は、自分がしたいことをした時に、他人のわがままを許します。生きるのが楽しいし、他人にはやさしいのです。人生を楽しんで幸せな人は、「自分はこれをしたい、絶対にやってやる」ということを実際にして、「もう悔()いはない」となります。「もう、本当にやった」という満足感を持っています。

人生には、それぞれの時期に「満足すべき欲求」があります。
嫌なことに耐()えさせられてきた人は、それが満たされていません。子供の時期に、子供にしかできないことを、十分に堪能(たんのう)した大人と、五歳児の大人とでは、同じ年齢でも心理的にはまったく違った世界に住んでいます。心理的に健康な人は、どちらかというと生き方そのものが「楽しむ」ことに重点が置かれて生きてきました。五歳児の大人は、「楽しむ」ということに重点が置かれていないのです。

 

参考 『「大人になりきれない人」の心理』 加藤諦三 PHP研究所 

image002